おしらせ

新型コロナウイルス感染症について(ご報告)

2020/12/04

 令和2年10月21日に当院で新型コロナウイルス感染症が発生しましたことで、入院患者様、ご家族様、地域の皆様、関係各位の皆様に多大なご迷惑をお掛しましたことを心よりお詫び申し上げます。

 入院患者様56名及び職員35名よりPCR検査陽性者が確認されました。この間、所管の相模原市保健所、C-CAT(神奈川コロナクラスター対策チーム)など県からもご指導を賜り、感染予防対策を徹底して行って参りました。多くの方々にご支援、ご協力、ご尽力を賜りましたことに心より感謝申し上げます。

 12月3日をもって、当院における最後の新型コロナウイルス感染者が発生した後、2週間の健康観察期間が終了いたしましたのでご報告申し上げます。また、入院患者様のお受入れ及び外来診療は適宜に再開することにいたします。

 今後も新型コロナウイルス感染症は予断を許さない状況です。引続き、所管の相模原市保健所、C-CAT(神奈川コロナクラスター対策チーム)など県とも緊密に連携を取りながら、職員が一丸となって、院内再発防止に努めることと入院患者様及び外来患者様の感染予防対策を徹底して行って参ります。

 今後とも当院の診療体制にご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

医療法人社団清伸会 ふじの温泉病院

院長 岩渕 純男

最新のお知らせに戻る